カードに設定された限度額

クレジットカードや、
キャッシング専用カードなどのお金に関わるカードについては、
それぞれ利用限度額というものが設定されています。
ショッピングやキャッシングに利用できる金額を定めておかないと、
返済が追いつかないほど利用できてしまうからです。
一般的に、限度額を既に超えていた場合は、

そのカードをATMに挿入したとしても、まず使用することはできません。
毎月分割払いなど担っていた場合は、
一度限度額を下回るまで利用することができないので、
その月の返済が終了するまで待つことが重要です。
それらが待てず、どうしてもお金を借りたい場合は、

限度額の増額を申請してみることをお勧めします。
ただし、申請したからといって必ず限度額が増額するとは限りません。
また、利用限度額が引きあがると、
更に多くのお金を借入してしまいがちになる可能性があるます。
収入と返済のバランスが保てる程度に
利用するように心がける必要があります。

なお、クレジットカードに関して、ショッピングの限度額を超えた場合、
超えた分は分割払いなどができない場合があり、
一括請求となることもあります。
それらを踏まえた上で、
それぞれのカードを利用し過ぎないように注意しましょう。

Pocket
email this
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.