カードローンの最低金利だけを見ればいいとは限らない

では、それを自分自身に置きかえてみましょう。
カードローンの広告には、最低金利と最高金利のほかに、融資可能金額というのが表示されています。
それも100000円から300万円というような金額で、表示されています。
しかし、最初の新規のカードローンにおいて、なかなか300万円という融資可能金額、つまり限度額を提示される人はいません。
そんな人は、かなりの高収入で、仕事も安定しているような人でしょう。
しかし、そんな人はそもそも、あまりカードローンは利用しません。

ですので、カードローンの広告に表示されている「最低金利」とは、あまり現実的ではない数字ということになります。
われわれ庶民が見るべき数字というのは、むしろ最高金利の方です。
現在の貸金業法において、実質的なカードローンの金利の上限というのは、18.0パーセントです。
多くのカードローン会社において、この18.0パーセントを上限としています。
100000円程度を借りようとするならば、仕事が安定していようがそうでなかろうが、収入が多かろうが少なかろうが、ほぼ最高金利が適用されます。
カードローンを利用する人の多くが、こういった少額の融資を受けています。
ですので、最高金利というのは、かなり現実的な金利ということが言えます。
皆さんも、金利を見る時は、是非最高金利を注目するようにしてください。

Pocket
email this
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.