サラ金における債務整理の手続き

消費者金融、
つまりサラ金についての債務整理の手続きには
大きく分けて4つのパターンがあります。
任意整理、破産手続き、個人再生手続き、特定調停とあります。

任意整理の場合には弁護士か司法書士がサラ金業者に対して
借主に代わって直接に金利の減免や残っている
借金の分割での支払いなど等を交渉する手続きです。

破産手続きとは自己破産のことで多額の借金で経済的に
破産してしまい借主がいくら努力しても返済できない
ということを裁判所に認定してもらい返済できる分だけの
借金を返済して残りの借金は支払い義務をなかったことにしてもらう手続きです。
個人再生手続きとは給与などの定期的な収入が
まだ今後もあると認められる状態の借主が借金が3000万以下ある場合で
原則として借金を5分の一にしてもらいその分については
3年で完済すれば残りの5分の4についてはその借金の支払いを免除できる
という手続きです。

最後に特定調停とは返済できない借主が裁判所に申し立てて
裁判所が借主と貸主つまりサラ金の業者との間に入って
借金の額の減額や返済方法についての調整をする手続きです。

Pocket
email this
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.