担保はどうなっているの?

金融機関などでお金を借りようとする場合、担保が必要となることが多くあります。
例えば、住宅ローンを銀行で借りようとする場合は、土地と家屋を担保とする必要があったりします。
やはり、返せなかったとき、
それを売却して得ることができるお金を利用して、金融機関や消費者金融に借金を返済するために必要なのです。
もちろん、担保が絶対必要かといったらそうではありません。
必要ではない場合も実際にあります。
では、商工ローンに関してはどうなっているのでしょうか。
商工ローンの場合も、その他のローンと同様に担保がいるときといらないときとあります。
担保としては、商業手形割引や不動産担保ローンなどを担保にすることも、
今はできるところが出てきています。

また、昔は担保が必ず求められていたといっても過言ではないのですが、
今は無担保としている業者も増えてきているのが実情でえす。

なので、実際に利用しようとする業者が担保が必要なのかどうか、それを調べる必要もあります。
ちなみに、無担保といっても、ちゃんと連帯保証人は必要とされています。
なので、無担保だからといって、連帯保証人も必要ないと考えてしまうのは誤ってます。
その点はちゃんと注意しておく必要があります。
 

Pocket
email this
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.