過払い金について

消費者金融などの貸金業者の金利を決める法律は「利息制限法」と「出資法」の2つがあります。

利息制限法の上限金利を超えて出資法の上限金利以下の間、これが「グレーゾーン」と呼ばれる金利です。
ほとんどの貸金業者はグレーゾーンの範囲内で利息を設定しています。
利息制限法の上限金利を超えた金利は、法的には無効です。
しかし利息制限法には罰則がありませんので、このような違法金利での貸付が行われているのです。
利息制限法は民事法ですから、違法だからといってすぐに警察が取り締まるということもありません。

一方、出資法は刑事法になりますから、年29.2%以上を超える割合で利息の契約をしたときは懲役もしくは罰金に処すと法律の中に罰則があります。
そこで貸金業者は、罰則を受けない範囲の「グレーゾーン金利」を利用して貸付を行い、お金を借りた人は法律的には返す義務のないお金を返してしまうということになるのです。
このような状態が長く続いた結果として過払い金が発生します。
利息制限法以上の金利で返済をしていた場合、今残っている借金を利息制限法の上限金利で計算し、正当な金額に直す必要があります。

これが任意整理や特定調停などの債務整理の方法です。
利息制限法の上限金利を超えて返してしまった利息分は無効ですから、元本の返済とみなします。
返済期間が長ければ長いほど、払いすぎていた利息も多くなり逆に残っている借金額が少なくなります。
このようにして計算した結果、元本と法定利息を全部返済したことにしても、実際に支払をした金額の方が多いというケースがあります。
この「借金が全部なくなって、それでも貸金業者にすでに支払ったお金」、これが過払い金なのです。
さて、貸金業者に払いすぎていたお金があった場合、どのような方法をとったらお金を取り戻すことができるのでしょうか。
貸金業者との直接の話し合いや訴訟といった手段が考えられます。
やはり司法書士など専門家に相談し他方がよい。

Pocket
email this
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.