銀行のカードローンとの違い

お金を借りるといえば、広告などで目にする機会の多い「銀行のカードローン」ってどういうものなんでしょう?調べてみると、金融機関からカードを使ってお金を借りることとありました。

この場合のカードはキャッシュカードであったり、ローン専用のカードであったりするようです。
また、クレジットカードを利用したローンもあります。
銀行から借りる方が審査は厳しくなり、消費者金融は銀行ほど審査は厳しくないものの、そのぶん利息が高いとの事。
銀行のカードローンには、保証会社として消費者金融がつき、銀行が保証会社に保証料を支払う代わりに、保証会社が審査と返済が滞った時の負債を負うというシステムをとっている所もあるようです。
この場合でも、利率は消費者金融よりは低くなりますが、審査は厳しくなります。
また、あくまで銀行からの融資なので、消費者金融から借りたという事にはなりません。
これだけバリエーションに富んだ金融商品がそろっているという事は、それだけ需要があるって事なのかな、という印象を持ちました。

Pocket
email this
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Comments are closed.